海外からブログ更新しようとしたら…

このブログは、ワードプレスで運営している。で、ドイツに旅行で来ていた時、ブログを更新しようとするとエラーになるので困った。

ワードプレスを動かしているレンタルサーバ運用画面からヘルプで検索してみると、どうやら初期設定ではセキュリティのために海外からのアクセスを遮断する設定になっているらしい。

海外からのアクセスを受け付ける設定にしたら、あっという間に問題が解決した。

このことで、ふだんは気づかないが、日本にいることで非常に安全な生活を送っているんだなあ、とあらためて実感した。

ワードプレスでブログを運用していると、英語やその他の外国語でわけのわからない、サングラスの特売みたいな何かの宣伝がコメントに書き込まれることがある。

私はコメントを確認後に表示する設定にしているので、そういうスパムコメントを書き込まれてもすぐにはブログに反映しない。が、一回そういうスパマー(?)に目をつけられるとしつこく何度もコメントを送ってくる。

私のブログは日本語オンリーだっつーの(英語とかグローバル化に関するネタは書いてるが)。

きっとこういうヤツラは、レンタルサーバの設定を「海外から接続OK」に変えると、一発でワードプレスのパスワードを盗んで、ハッキングしてくるに違いないと思う。

日本もすごいハッカーがいるのだろうが、そういう人たち(?)は私のブログみたいな個人のマイナーなメディアには見向きもしないだろう。

だが世界中が相手となると話は別。きっといろんな国から、違法アクセスがやってくると思う。私のブログなんて、数日で乗っ取られて、パスワードを書き換えられたリ、乗っ取られたりしてしまうだろう…

そう考えると、ふだんは実感できないけど、日本ていうのはなんだかんだ言って、安全な国なんだなあと思った。

フェイスブックで見つけた誰かの投稿でも「世界で安全な都市」の1位が東京で、3位が大阪と説明していた。東京で世界1位なんだから、地方都市に行ったら、もっと安全なんじゃないだろうか。
グローバル化が叫ばれる昨今だけど、日本という「温室」で生まれ育った人間が、いきなり海外で生活したり、仕事したりするのは結構、ツラいものがあるかも。

それより今はインターネットで日本にいながらにして、日本以外の国の人たちとつながれるから、わざわざ物理的に海外に拠点を移すこともないかな、と思う。

とくに私のようにもう人生の半分以上を「日本人」として日本語と日本文化に染まって人格ができあがっている人間は、苦労して海外に出張(でば)らなくても、いいのではないか。

日本にいても「グローバル化」していく方法はいくらでもあるし、海外の情報を取り入れて、日本に住む日本人であることを活かしていく方がラクな気がする。
インターネットとか洋書みたいなものは別として、日本でお金を払って手に入る情報は、たいてい誰かが日本語に翻訳してくれた後だから、どうしても「時差」がある。

アメリカで発信された情報は、数か月経たないと本になって書店に並ばないかもしれない。

その数か月間は、とくにITみたいな動きが早い分野では「致命的」な遅れかもしれないし、逆に発信地点とほぼ同時に情報を手に入れれば、それを日本で先行してはじめるだけで、信じられないようなアドバンテージを生むかもしれない。
最近話題の仮想通貨についての情報を考えてみてほしい。

一日単位どころか、時々刻々、株式や通常の為替なんて問題にならないような、荒い値動きをしている。一日の取引で数十万・数百万の利益を出すことは珍しくないようだ。

発行数が限定されていて取引も少ない仮想通貨は、ちょっとしたニュースで相場が影響を受けて変動する。

ブログやWebサイトでビットコイン開発者や関係者が情報発信するのは、当たり前だが英語である。

彼らが発信する一次情報や、それを監視している関係者の二次情報を、ダイレクトにチェックできれば、トレードにおいて大きなメリットになるのは誰が考えても明らかだろう。

これが日本語に翻訳されて入ってくるのを待っていると、すでに情報を仕入れてしまった人たちが仕込んだ後、値動きがほぼ終わってしまったところからアクションを起こすことになる。

まず、勝てないだろう。あるいは、海外の一次情報をいち早く入手できる一部の日本人に操られたり、高い金を払って情報を買わされたりすることもあるかもしれない。

グローバル化が進むということは、日本の中で起こっていることが、世界とつながっていて、影響を受けるということだ。だから発信された時点にできるだけ近いタイミングで情報を入手できることは、非常に大きな利点なのである。
というわけで、自分自身が海外に身を置く必要は必ずしもなく、世界標準言語である英語で、海外発信の情報にアクセスできるだけのリテラシーがあれば、安全でインフラが充実している日本で生活することには大きなメリットがある、というのが私の考えだ。
ただ、私のムスメの世代になると、ちょっと話が違うかな。

成長して頭が固くなった後は、どうしても脳の中で「日本語←→英語」翻訳をしてしまい、日本語と同じレベルで無意識に英会話をするのは難しい。

これは私の感覚だが、10代だったらまだ脳の構造を変えられると思う。日本語と同じように、英語で考えて、英語でとっさの受け答えが条件反射のようにできるようになる余地が残されている。

そうなれば、それこそ日本人相手と同じレベルで、英語が話せる相手とコミュニケーションが取れるようになる。
いくら海外発信の情報が手に入ると言っても、しょせんブログやWebサイトは「外向け」にお化粧した情報に過ぎない。本当に大事な情報を、不特定多数が勝手にアクセスする場所で公開はしないだろう。

だがもし海外の特定の個人と友人になっていたら? たとえばその友人がビットコインで大儲けしているとしたら? そのノウハウを友人であるあなたに惜しげもなく教えてくれるとしたら?

そう、ネットで検索すれば誰でも見られるブログやサイトと、個人が本当に内緒で抱えている情報とはまるで質が違うのである。

だから、私はムスメに国籍や人種でコミュニケーションの幅を狭めてほしくないのだ。自分の世界を広げるために「言語」という壁を越えてほしいと思っている。
そして、英会話みたいな面倒くさいコミュニケーションは、ムスメ世代に任せられたらいいなあ…

と人生折り返し地点を越えた中年おやじの私は思うのである。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 960x0
    もはや仮想通貨はブームというよりは「常識」へと変化しつつある。クルマの登場、インター…
  2. woman-holding-physical-bitcoin-woman-holding-physical-bitcoin-cryptocurrency-her-hand-106247745
    そもそも、ICOとは何だろ...?今さら聞けないあなたに、カンタンな説明動画を作成してみまし…
  3. maxresdefault
    YouTubeやVimeoのような動画サイトに成長するか?動画サイトにユーザ登録したり、動画…
PAGE TOP