トルコリラ・スワップ金利で私的年金システム?

年金って、いくらもらえるんだろう?

そう思って、人事部に頼んで、年金受給額の試算をしてもらったことがある。55歳で早期退職した場合と、60歳で定年退職した場合の2種類のシミュレーションをしてもらった。

支給額の試算結果をみて、愕然とした。なんと、65歳までは国民年金が支給されないので、会社の積立基金いわゆる企業年金からは、毎月5万円くらいしか支給されない。60歳以降だって、国民年金と厚生年金を合わせて、月額20万円程度しかもらえないではないか…

住宅ローンの支払いはギリギリ、退職するまでには終わるかもしれないが、それにしても退職金を食いつぶしながら、月額5万円の年金で5年間をやりすごすのはツラい。65歳以降にしても、月額20万円では保険外治療が必要な病気にかかったら、どう考えても足りないだろう。

私はもはや、50歳を越えている。

あと10年足らずで、老後の生活に十分な資金を増やす方法はないか、といろいろと調べてみた。

リスクが少ない投資はリターンが少ないし、リターンが高い投資はリスクも大きい。あたりまえだが。

だが、リスクに比べてリターンが低く、しかもリターンが安定している投資対象をみつけた。それが…

トルコリラ投資である。

曲がりなりにも国家が発行している通貨なので、株式投資のように会社が倒産したり管理銘柄になってしまうようなリスクはほとんどないだろう。もちろん、革命や戦争で国家そのものがなくなってしまうリスクはゼロではない。だが、それを言い出したら、どんな投資でも、どんな通貨にもリスクはある。

トルコリラの何がスゴイのか。それは、日本との金利差によって日々発生するスワップと呼ばれる金利がスゴイのだ。どのくらいスゴイかというと…

たとえば、10,000トルコリラを持ったとする。トルコリラはここしばらく30円前後をウロウロしているので、だいたい300,000円あれば、10,000トルコリラが買える計算だ。

10,000トルコリラに対して、毎日約90円の金利がつく。利子の発生は月単位ではない。毎日である。月にすれば、約3,000円だ。300,000円の元本に対して、月3,000円だから、1%だ。月利1%。年利にすれば10%を超える。

計算してみてほしい。

もし仮に300万円でトルコリラを買ったら? 100,000トルコリラになる。毎日、900円の利子がつく。1月で約30,000円だ。

600万円なら 6万円。1,000万円なら毎月10万円だ。これなら住宅ローンさえ終わっていて、ぜいたくしなければ、なんとか暮らしていけるのではないか。

ただ、政情が不安定な国の通貨に1,000万円も投資するのはおそろしい気はする。

そこで、300万円で900万円分のトルコリラを買う方法がある。FXを使えばいい。FXならレバレッジが効くので、元本の何倍もの投資ができる。

300万円で3倍のレバレッジをかけて、900,000通貨分のトルコリラのポジションを持つ。為替レートが10円以上、下落するとポジションが飛んでしまうが、リターンをめざせばリスクは増える。

毎月、9万円の金利収入が発生する。まあ投資利益に対する税金があるので、まるまる手元には残らないが、それにしても、スゴイ年金システムではないか。

定年退職後にいきなり退職金を投資するのも怖いので、今のうちからテストしてみることにした。

投資規模を 1/100にして、3万円の小遣いで、5倍のレバレッジをかけて15万円分のトルコリラを買う。これくらいなら、トルコに何かがあって、資金が全部吹っ飛んでしまっても、笑い話で済む。

定年退職まであと10年近くあるので、その間は毎日発生するスワップ金利を、トルコリラに再投資することにして、シミュレーションしてみたところ….

その結果に驚いてしまった。恐るべし、複利の力

以下の試算をご覧いただきたい。

これはあくまで、為替変動がない前提で、スワップ金利の利率が変わらず、かつ政変などでトルコリラが暴落して資金が飛んでしまわないという前提でのシミュレーションだが、それにしても10年後に期待したくなる結果ではないだろうか。

try_simulation

 

3万円をFX取引会社の口座に入れておいて、5,000通貨分(1トルコリラ=30円として、約15万円分)のポジションを持つ。

購入時から5円下落するリスクを考えておく。毎月発生するスワップ金利は、このリスクを織り込んで、再投資していく。

すると、もし今後、トルコリラが5円以上下落せずにいた場合…

3万円の元本は、10年後に80万円以上に膨れ上がり、かつ毎月25,000円程度の金利を生み続けるのである!

もちろん、購入時より5円以上下落したらロスカットされてしまうし、為替レートが購入時より低ければ、元本部分は安くなってしまう(購入時より為替レートが高くなれば、逆に利益を生む)。

企業年金の積立基金分と合わせれば、なんとか食費くらいにはなりそうではないか。

それに、もしこのシステムがうまく動くようなら、退職金を百万円単位で投資してもいい。働かずにスワップ金利で暮らしていけるかもしれない…

おもしろいので、トルコリラが1000通貨単位から買える楽天FXに口座を開いて、さっそく小遣い3万円を資金にして、はじめてみることにした。

なお、この記事を読んでトルコリラ投資に興味を持たれた場合.. あくまで自己責任でおこなっていただきたい。何が起こっても私は一切責任を取らないので、その点はご了承ねがいたい。リターンのいい投資にはリスクがつきものである。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 960x0
    もはや仮想通貨はブームというよりは「常識」へと変化しつつある。クルマの登場、インター…
  2. woman-holding-physical-bitcoin-woman-holding-physical-bitcoin-cryptocurrency-her-hand-106247745
    そもそも、ICOとは何だろ...?今さら聞けないあなたに、カンタンな説明動画を作成してみまし…
  3. maxresdefault
    YouTubeやVimeoのような動画サイトに成長するか?動画サイトにユーザ登録したり、動画…
PAGE TOP